しっかり噛むこと
最近硬い食べ物が少なくなり、柔らかいものを好んで食べる人が増えてきています。あまり噛まないことは、あごの骨や咀嚼筋の未発達につながります。噛むことはあごの発達や歯並びに影響することに加え、脳を刺激し認知症の予防にもなります。
よく噛むことで唾液が食物とよく混ざり胃や腸での消化吸収を助け、さらに消化液の分泌を促進して胃腸の働きも促進します。満腹中枢を刺激することにより、食べ過ぎを防ぐこともできます。
あまり噛む習慣のない人は、しっかり噛んで食事することを心がけましょう。


グローバル薬局では薬学生を対象に薬局見学会を開催しております。
次回の薬局見学会は

・4月21日(土)14時 〜 住吉グローバル薬局
・5月19日(土)14時〜 岡本グローバル薬局

にて開催です。
薬学生だけでなく既卒者も見学可能です。お気軽にお立ち寄りください。